冷え取りと同じ感覚での使用はダメ

着圧タイツを使う目的で一番多いのが「むくみの解消」ですね。
他にも「冷えの改善」といった目的で使用する人もいます。
同じ冷えの改善方法で「冷え取り」という方法がありますが、同じような感覚で着圧タイツの重ね履きはしないでください。

足のむくみ、冷えが起こる理由

私たちの体は血液の流れを利用して体の至る所に栄養や酸素、水分を含んだリンパ液などを運んでいます。
血液の流れは筋肉の弛緩、収縮を繰り返してポンプのような要領で送り出して、再び心臓に戻していると考えてください。
足は心臓よりも遠く離れており、下にある事から重力の都合により血液やリンパの巡りが滞りやすいといった原因があります。
更に運動不足による筋力低下や立ち仕事、座り仕事のように同じ姿勢を続けていると、足の筋力自体や血液の送り出すポンプ機能も低下します。
これらの原因、条件が重なり、心臓に向かって流れる血液や水分が足に滞りやすくなるため、血管以外の場所に水分を含んだ血漿成分がしみ出し、時間の経過と共にむくみが起きます。
むくみの発生は同時に血行不良も引き起こします。
血液は栄養や水分だけでなく、体の中で作られた熱も一緒に届けているのですが、血行不良になると手足の末端部分へ熱を含んだ血液が届きにくくなり冷えも起こるようになります。

着圧タイツでの冷え性改善

着圧タイツを使用する事で足に適度な圧力をかけ、足のむくみの予防、改善に役立ちます。
心臓へ戻していく流れをサポートする事によって血流を良くし、足に滞ってしまっていた血漿成分(水分)も一緒に巡りを良くしむくみの改善ができます。
血流を良くすることで熱も末端にいきわたりやすくなるので足の冷えも改善できるのです。
むくみだけでなく冷え性の改善も一緒にできるのはうれしいですよね。

足の冷えに悩む人に注目される冷え取りって?

足の冷えに悩んで改善方法を探している時に見かける事が多い言葉として「冷え取り」があります。
冷え取りは頭寒足熱を基本としており、体の冷えを取り除くことで体の免疫力や治癒力をUPさせようといった健康法です。
冷え取り健康法といえば足を冷やさないようにするため、シルクや綿・ウール・麻といった天然素材のソックスをそれぞれ4枚以上重ね履きするという方法が有名です。
他にも食事面での注意や入浴時に意識して実践する内容、そしてストレスをためない生活を送るといった心がけも含まれていますが、靴下の重ね履きがかなり印象的ですし、靴下の重ね履きだけを実践して足元が冷えないようにしているという人もいます。

着圧タイツの重ね履きは絶対にしないで!

着圧タイツが足のむくみ改善や血行促進で冷え性の改善につながる事は知られていますが、あくまでもそれは「適切な圧力」を「適切な時間与えたから」という結果になります。
むくみや冷えが改善できると足がすっきりとして「すごい!」と感動する反面、この効果をずっと持続させたいとついつい履き続けてしまう事はありませんか?
確かに着圧タイツは効果的な圧力をかける事が出来るアイテムですが、締め付けすぎると逆に血行不良を起こし冷えを悪化させる原因にもなるのです。

先程お話した冷え取りの靴下の重ね履きと同じような感覚で着圧ソックスを重ね履きするというのは避けてください。
「圧力をかけてむくみの解消や血行促進が出来るんじゃないの?」と思ってしまいますが、着圧タイツの効果というのは「あくまでも適した圧力をかける」事による効果という点を忘れないようにしましょう。
重ね履きをすると締め付けが増して必要以上の圧を足にかける事になります。
血行不良を起こさないためにも自分の足に適した圧力を効果的に与えるのがポイントです。

どの程度の圧力が私の足に適しているの?

一般的に着圧タイツは圧をかける国際標準単位のhPa(ヘクトパスカル)表示によって圧力を表現しています。
一般的にむくみに対して効果が期待できるのは以下の圧力です。

太もも   5~15hPa
ふくらはぎ 10~20hPa
足首    20~30hPa

ただ、足のむくみ具合は個人差があります。

軽いむくみの場合
立ち仕事の時間が長かった、逆に座りっぱなしの時間が長かったからむくんだという人や、クーラーの効いた部屋に長時間いたために足がむくんでしう人は軽いむくみ向けの着圧で充分です。
目安としては13(ふくらはぎ)~26(足首)hpa程度の着圧のものを選ぶと良いでしょう。
もしmmHg表示(医療用表示 ミリハーゲ)の場合は10~20mmHg前後が目安となります。
最初、着圧タイツを購入する場合はこの圧力のものから履くようにしてください。

中程度のむくみの場合
夕方になるとひざから下が太くなっているのがわかるぐらいむくんでしまうという人や、向こうずねの内側部分を親指で10秒ぐらい押した後にへこみが出来てしまうぐらいむくんでしまうという人が当てはまります。
目安としては26(ふくらはぎ)~39(足首)hpa程度の着圧のものを選ぶと良いでしょう。
もしmmHg表示の場合は20~30mmHg前後が目安となります。

むくみがひどいと感じる場合
足がパンパンにむくんで重だるさも感じるという人や、痛みも感じるかもという程度のむくみに対しては強めの着圧機能のものを使用している場合もあります。
目安としては39(ふくらはぎ)~65(足首)hpa程度の着圧のものを選ぶと良いでしょう。
もしmmHg表示の場合は30~50mmHg前後が目安となります。
ただ、40hp以上の着圧タイツの場合、かなり強めにできているので履く時もかなり苦労します。
伸縮性が強すぎて柔軟性を感じにくいものが多いですし、ポリウレタン製のスパンデックス繊維を使用しているものも多いです。
スパンデックス繊維は加圧シャツや競泳用の水着などでも使用されている伸縮性と耐久性が高い繊維。
履く時にかなり無理をしつつ引っ張る履き方になるので、途中で破けないだろうか?と心配にすらなってきます。
頑張って履いたとしてもかなり締め付けが強いので、着用している時にしびれや痛み、違和感が出た場合は加圧力が適していない可能性が高いので使用を中止してください。

医療用はどのくらいの強さ?
元々着圧ソックスやタイツは下肢静脈瘤の治療目的で作られています。
ちなみに医療用のソックスの圧力ですが、20~30mmHg以上が推奨されています。
中程度のむくみの場合でご紹介した27~40hpa程度という強さですね。
医療用の着圧ソックスは下肢静脈瘤の治療、予防やリンパ浮腫の治療、エコノミー症候群の予防目的で使用されます。
医療用に関しては医師の指示により圧力が指示されます。
このように見比べてみると、むくみがひどいと感じる場合でご紹介している39~65hpaはかなり強い圧力をかけているという事がわかります。

まとめ:適切な圧力を選んで効果的に!

着圧力が強ければより効果的と思ってしまう人もいますが、締め付けている時間が長すぎたり、締め付けている程度が強いと逆に血行不良を起こしてしまいますので注意してください。
着圧タイツのサイズや圧力が合っていない場合、効果的なむくみ解消や冷え性改善になっていない事もあります。
血行不良によって着圧タイツを履いている以外の場所、例えば指や顔がむくむようになったりと違う場所への影響が出たりするので、長時間の強すぎる着圧はやめるようにしましょう。

そして重ね履きは推奨されていませんので、寒い時期に冷え取り感覚での着圧タイツの重ね履きをするのは避けるようにしてください。
適切な圧力以上の力が加わる事になり、血行不良など逆効果になってしまう可能性もあります。

自分がどの程度のむくみなのかを参考にして、どの程度の強さの着圧が必要なのか?を確認した上で購入し、商品に推奨されている使用時間を守るようにしてください。

当サイト一押し着圧タイツ(等)のBELMISE Slim Tights(ベルミススリムタイツ)です。
着圧力や耐久性、販売価格等、総合的に考えた結果、おすすめします。まだまだ、認知度は低いですが、SNS等の反応や販売会社のプロモーションを考えるとこれから注目される商品です。迷われている方、是非ご検討ください。^^
 

詳細はこちら